インディ・ジョーンズ/神々の陰謀』(Indiana Jones and the Peril at Delphi)はバンタム・ブックス(日本では竹書房文庫)から発売されたシリーズ最初の小説である。これはロブ・マグレガー(翻訳:小口和香)によって書かれ、1991年に発売された。アメリカ版、日本版の表紙ではより若いインディアナ・ジョーンズが描かれている。また、日本版の表紙はタイトルが日本語になっていることと絵が拡大されていること以外アメリカとの違いはない。

出版社の概要[編集 | ソースを編集]

この記事は書きかけです。あなたはこれを編集することによって私たちを助ける ことができます。何を足せばよいかのヒントについてはノートを参考にしてください。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

アポロン神殿発掘調査のため、インディはギリシャへと向かった。彼を待ちうけていたのは、現代に息づく神話の世界そのものだった。

「アポロンの神託が復活するであろう」

村の老人の予言を実証するように次々と起きる事件。陰謀・・・・・・恋・・・・・・裏切り・・・・・・幻想・・・・・・。シカゴ、パリ、そしてギリシャを舞台に繰り広げられるスリリングな冒険譚。考古学者にして冒険家インディ・ジョーンズ誕生秘話でもある、映画感覚満載の新シリーズ第1弾。この1冊から、新たなる『インディ・ジョーンズ』の歴史が始まる!

(『インディ・ジョーンズ/神々の陰謀』のあらすじより)

登場[編集 | ソースを編集]

キャラクター[編集 | ソースを編集]

遺物[編集 | ソースを編集]

ロケーション[編集 | ソースを編集]

動物[編集 | ソースを編集]

できごと[編集 | ソースを編集]

雑録[編集 | ソースを編集]

カバー・ギャラリー[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。