「破壊のカリを祭り、人間をいけにえにした邪教の軍団だ…イギリス軍が駆逐した」
フィリップ・ブランバート大尉[出典]

渓谷に集まるサギーの戦士たち

サギーThugeeサグタギーとも呼ばれる)はインドを中心に暗躍した、旅人を殺して回っていた邪教集団である。旅人に近づき、油断させ、スカーフで絞め殺すのである。彼らは母なるカーリーを崇拝している。19世紀にイギリスの軍人、ウィリアム・スリーマンがサギーを壊滅させた。

1933年、考古学者のインディアナ・ジョーンズは彼らが復活していたのを知る。2年後、1935年にはジョーンズはパンコット宮殿モーラ・ラムをリーダーにシャンカラ・ストーンの力を利用しようとしていた彼らと戦う。

復活していたサギーは、パンコットのマハラジャの宰相、チャタール・ラルまでもがメンバーだった。彼は幼いマハラジャを支配していた。だが、イギリス軍のブランバート率いるライフル部隊の活躍によってサギーは再び解体された。

登場作品[編集 | ソースを編集]

参考[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。