Fandom


 
(3人の利用者による、間の8版が非表示)
1行: 1行:
  +
{{ニックネーム}}
 
{{Infobox character
 
{{Infobox character
| ふりがな = パナマ帽の男
+
|名前 = Panama Hat
| 名前 = Panama Hat
+
|画像ファイル = [[File:Panamahat2.jpg|250px]]
| 画像ファイル = Panamahat.jpg
+
|ふりがな=パナマ帽
| 画像サイズ = 250px
+
|性別 = 男性
| 画像コメント =
+
|誕生 =
| 性別 = 男性
+
|死亡 = [[1938年]]<br />[[ポルトガル]]沖
| 生年月日 =
+
|国籍 =
| 死亡年月日 = 1938年
+
|職業 = 骨董品のコレクター
| 国籍 =
+
|忠誠 =
| 家族 =
 
| 職業 =
 
| 忠誠 =
 
| 俳優 =
 
| 声優 =
 
 
}}
 
}}
  +
{{Quote|わたしの所有物をきみから返してもらうのは、これで二度めだよ。|パナマ帽|インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(小説)}}
  +
'''パナマ帽'''('''Panama Hat'''、パナマ帽の男)は[[1912年]]に[[ユタ州]]の峡谷から[[コロナドの十字架]]を見つけるために[[フェドーラのギャング]]を雇った骨董品コレクターである。
   
'''パナマ帽の男'''は本名、年齢などが一切不明の人物である。トレードマークにパナマ帽を被っている。
+
== 経歴 ==
  +
彼が雇った[[ガース|フェドーラ]]は1912年にユタ州でコロナドの十字架を発掘し、パナマ帽は車で待っていた。[[インディアナ・ジョーンズ]]がギャングから遺物を盗んで砂漠に逃げ、[[サーカス列車]]に乗ったとき、パナマ帽は車で追跡していた。彼が[[ジョーンズ宅|自宅]]に逃げ込むとパナマ帽はフェドラと[[保安官]]と共にそこを訪れた。[[ロスコー]]が十字架をパナマ帽に手渡した。パナマ帽は彼に金を渡した。
   
==経歴==
+
[[ファイル:Panamahat1.jpg|thumb|left|1912年のパナマ帽]]
===1912年、ユタ州===
+
[[1938]]インディアナ・ジョーンズはボスが自分の妻と関係を持っているという男から情報を得る。男は報復のためだと言い、十字架の在り処を教えた<ref name="LN">[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(小説)|小説版『最後の聖戦』]]</ref>。そしてジョーンズは[[ポルトガル]]の[[リスボン]]<ref name="LN"></ref>の沖で[[ヴァスケス・デ・コロナド号]]に乗り込み、十字架を探した。
パナマは盗掘団[[フェドーラ・ギャング]]を雇い、[[コロナードの十字架]]を探索させる。盗掘団は十字架を見つけ、パナマに渡そうとするが、邪魔が入る。[[インディアナ・ジョーンズ|とある少年]]が現れ十字架を持ち去ったのだ。結局少年は保安官に事を話そうとするが、パナマは保安官に金を渡しており、インディ(少年の名前)が十字架を"盗んだ"と言い放った。パナマは十字架を手に入れ、[[ガース]]達に金を払う。だがインディは必ず取り戻すと固く決意し、それから何回もパナマ帽を被った男を取り逃すことになる。
 
   
===コロナード号、甲板===
+
ジョーンズはそれが罠であり、騙されたとすぐに気づいた。パマ帽は彼に[[不景気|大恐慌]]によって十字架を売ろうと考え、満足な金額を出す買い手を捜していたことを説明した。買い手は――ジョンズは後に買い手が[[ウォルター・ノヴァン]]だったのではないかと考えた――十字架を追うジョーンズを殺すという条件をつけていた<ref name="LN"></ref>。
あの十字架をあきらめ切れなかったインディはパナマの船『コロナード号』に乗り込む。十字架を見つけ逃げ出そうとするが、甲板で水夫に捕まる。パナマが現れ、全て罠だったと話す。パナマは金が無くなり、首が回らなくなったときに、十字架の買い手が現れたのだという。その買い手はインディさえ始末すれば高値で買い取ると約束する。パナマはインディが船に来るように罠を仕掛け、計画どうりインディを捕らえる。海に放り込もうというとき、予想外の結果になる。インディが水夫を振り切り、十字架を奪って、海に飛び込んだのだ。パナマはインディと十字架を追えというが、インディが逃げた際に、ダイナマイトの木箱が爆発し、船は炎上、海底に沈む。インディは救命具に摑まり、生き残る。そこには黒焦げになったパナマ帽子が浮かんでいた。
 
   
===十字架のその===
+
十字架を回収したに彼はジョーンズを舷側から海に投げ出すように命令した。しかし、コロナド号は爆発し、ジョーンズは十字架と共に海に飛び込んだ。爆発でパナマ帽は死亡し、彼の焦げた帽子がインディアナ・ジョーンズが泳いでいるところから遠くない場所に落ちた。
インディは[[アメリカ合衆国|アメリカ]]に帰り、博物館の館長[[マーカス・ブロディ]]に渡す。ブロディはそれを博物館の考古学コーナーのスペインの場所に目玉の展示物として置いている。
 
   
後になってからインディは十字架の買い手が[[ウォルター・ドノヴァン]]だったのではないかと考える。
+
== 舞台裏 ==
  +
パナマ帽を演じたのは、1912年を[[ティム・ハイザー]]、1938年を[[ポール・マクスウェル]]である。
   
==登場作品==
+
パナマ帽はクレジットで与えられている名前であるが、キャラクターの本名ではない。
  +
  +
== 登場作品 ==
 
*[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦]]
 
*[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦]]
  +
*[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(小説)]]
  +
*[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(コミック)]]
  +
*[[インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(ジュニア小説)]]
  +
  +
== 参考 ==
  +
*[[インディ・ジョーンズ アルティメット・ガイド]]
   
==外部リンク==
+
== 脚注 ==
*{{wiki|パナマ帽}}
+
<references />
  +
{{DEFAULTSORT:はなまほう}}
  +
[[en:Panama Hat]]
 
[[Category:インディ・ジョーンズ/最後の聖戦のキャラクター]]
 
[[Category:インディ・ジョーンズ/最後の聖戦のキャラクター]]
  +
[[Category:複数の俳優によって演じられたキャラクター]]
  +
[[Category:死亡]]

2016年6月3日 (金) 14:39に更新

281
"...don't call me Junior!"
この記事のタイトルはニックネームです。 この記事では正式名称が不明でニックネームかコールサインでしか認識されていない、公式の情報を扱っています。関連した議論、あるいは記事自体の説明についてはトーク・ページをご覧ください。
「わたしの所有物をきみから返してもらうのは、これで二度めだよ。」
―パナマ帽[出典]

パナマ帽Panama Hat、パナマ帽の男)は1912年ユタ州の峡谷からコロナドの十字架を見つけるためにフェドーラのギャングを雇った骨董品コレクターである。

経歴 編集

彼が雇ったフェドーラは1912年にユタ州でコロナドの十字架を発掘し、パナマ帽は車で待っていた。インディアナ・ジョーンズがギャングから遺物を盗んで砂漠に逃げ、サーカス列車に乗ったとき、パナマ帽は車で追跡していた。彼が自宅に逃げ込むとパナマ帽はフェドラと保安官と共にそこを訪れた。ロスコーが十字架をパナマ帽に手渡した。パナマ帽は彼に金を渡した。

Panamahat1

1912年のパナマ帽

1938年、インディアナ・ジョーンズはボスが自分の妻と関係を持っているという男から情報を得る。男は報復のためだと言い、十字架の在り処を教えた[1]。そしてジョーンズはポルトガルリスボン[1]の沖でヴァスケス・デ・コロナド号に乗り込み、十字架を探した。

ジョーンズはそれが罠であり、騙されたとすぐに気づいた。パナマ帽は彼に大恐慌によって十字架を売ろうと考え、満足な金額を出す買い手を捜していたことを説明した。買い手は――ジョーンズは後に買い手がウォルター・ドノヴァンだったのではないかと考えた――十字架を追うジョーンズを殺すという条件をつけていた[1]

十字架を回収した後に彼はジョーンズを舷側から海に投げ出すように命令した。しかし、コロナド号は爆発し、ジョーンズは十字架と共に海に飛び込んだ。爆発でパナマ帽は死亡し、彼の焦げた帽子がインディアナ・ジョーンズが泳いでいるところから遠くない場所に落ちた。

舞台裏 編集

パナマ帽を演じたのは、1912年をティム・ハイザー、1938年をポール・マクスウェルである。

パナマ帽はクレジットで与えられている名前であるが、キャラクターの本名ではない。

登場作品 編集

参考 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 小説版『最後の聖戦』
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。