Fandom


フランシスコ・デ・オレリャーナ[1]はスペインのコンキスタドール(征服者)である。

経歴 編集

オレリャーナは全身黄金ずくめだったため、“黄金の男”と呼ばれた。彼は1546年にアカトールを発見し、クリスタル・スカルを見つけた。オレリャーナはアカトールを“エル・ドラド(黄金郷)”と呼んだ。6人の仲間たちは発見した黄金や財宝を持ち帰ることを考えていた。その中で、オレリャーナはクリスタル・スカルを戻せという頭の中の命令に従おうとしていた。仲間は全員反対したため、オレリャーナは彼らを虐殺した。オレリャーナは後悔し、スカルを戻そうとする。だが、オレリャーナが崖を降りようとしていたとき、ミイラのマスクをつけた原住民に攻撃され、死亡した。彼の遺体は6人の仲間たちと共に原住民によってナスカの近くにが作られた。オレリャーナの死体には黄金のマスクがつけられていた。

その後 編集

Orelle

本の挿絵に載っているオレリャーナの絵

数百年後、オレリャーナの墓にハロルド・オックスリーが現れ、オレリャーナのミイラの後ろに隠されていたクリスタル・スカルを発見した。彼はそれを持ち去り、アカトールまで運んでゆくが、神殿への入り方が分からず、再びオレリャーナの後ろに隠した。

1957年インディアナ・ジョーンズマット・ウィリアムズが墓に現れ、スカルをアカトールに戻すことに成功した。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. カタカナ表記は『クリスタル・スカルの王国』に基づく。

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。